三峯神社。
この神社は一部の人には有名だと思う。

その理由は、日本でも稀な狼が眷属として祀られているからです。
いわゆる山犬信仰というものです。

江戸時代頃、秩父の山中に生息する狼を、猪や鹿などから農作物を守る神使いとして「お犬さま」と崇めるようになった。
この狼が時間と共に盗賊や災難から守る神様と解釈されるようになり、御眷属信仰が流行った。

…とされている。

なので三峯神社の狛犬は、犬ではなく狼です。
実際に見て回りましたが、犬よりも険しく怒りを讃えたような面持ちをしていました。

a0113326_04235521.jpg

他にも修験道の開祖といて有名な役小角(えんのおづの)が三峯山にこもって修行をしたとされている。
役小角は飛鳥時代から奈良時代の山伏なので、非常に歴史がある土地だということです。

他にも極真空手創始者の大山倍達が修行した地であるなど、逸話はたくさんあるのですが、
とりあえず巷では関東最強のパワースポットの1つとして有名な神社です。

三峯神社は埼玉県秩父市、三峯の山の上にあります。
秩父市内から標高1100Mまで山道を登っていくので、車で40-50分ほどは掛かります。



うねうねとした峠道を越えなければならないので、まー辿り着くまでが大変です。
そして写真の通り、当日は曇りで、山には雲だか霞だかが掛かっている状態で、視界が非常に悪かったですねえ。

この霞のお陰(?)で、非常に幻想的でした。ある意味では晴れの日よりも貴重だったかも。
事実、山から下りるに従って霞は晴れていったので雨ではなかったと思います。

a0113326_04235636.jpg

この三峯神社、仕事運や金運、願望実現などに対して強い御利益があるとされている。
特に経営者や自営業に合っているというので、これはずっと前から行きたいと思っていました。

今回ようやく行くことが出来た。

毎月1日に頒布される「白いお守り」は、長蛇の列が出来るほど人気があるらしい。
この白いお守りは、フィギュアの浅田真央さんが持っていて御利益があったとして、三峯神社が有名になった切っ掛けになったらしいです。(私は後から知ったけど)

さすがに並んでまで白いお守りは買えないので、私は普通のお守りの方を買いました。

a0113326_04184086.jpg

いま自分は願望実現というほどの願いはないが、フリーランサーなので仕事運がガンガン上がって欲しいと切にお願いしてきました。
お守りに「気」と入っていて、いかにも気合いが入りそうだ。

出来れば晴れの日に行きたかったのだが、また来年辺りに行きたいものです。
こういう御利益のある神社なので、同業者(フリーランサー)や、自分の腕で仕事をしている方にオススメです。


[PR]
# by limpidelumiere | 2017-08-06 04:34 | diary | Trackback | Comments(0)
今年の半分ほどを費やしていた案件が徐々に終わりに向かっています。
詳しい時期はまだ未定としておきますが、おおむね8月、9月から新規案件に着手できるはずです。

あらゆる媒体のゲームシナリオ、またシナリオディレクションが出来ます。
プランニングはちょっと専門外ですが、世界観設計やキャラクター設定などの資料作成も可能です。

個人的には幼少の頃よりファンタジーが好きなのですが、
シナリオライターを13年続けて来て、今となってはどんなジャンルでも書くようになりました。
それこそ純愛からダーク系まで。

IPが関係する案件だけ、得手不得手がございますので、ご相談して頂ければと思います。

最近はスマホアプリのお仕事を頂く機会が多くなりましたが、まだまだPCゲーもご依頼を頂いております。

直近のお仕事ですと、以下のタイトルの一部キャラクターシナリオを担当いたしました。
情報公開の許可がおりましたので掲載いたします。

「神式一閃 カムライトライブ」


容量が少なめのスマホアプリのシナリオでしたら、期間を要せず対応できることもあります。
まずはご相談して頂けると幸いです。

詳しくはわたしのウェブサイトをご覧になってください。



[PR]
# by limpidelumiere | 2017-07-10 01:22 | works | Trackback | Comments(0)
私は『メタリアルレンズ』というクリエイティブチームに所属しているのですが、
そのチームを通して、現在イラストレーターさんを募集しています。

メタリアルレンズというのは、いわゆるクリエイティブ関連の何でも屋みたいな感じです。
(代表者は私ではなく、他にいます)

各種クリエイター6名ほどの仲間内で結成して、まだ設立から1年経っていないチームです。

普段はメンバーがちょこちょこと企業さまから案件を請け負って、それをこなしています。
イラストレーターさんも数名、メンバーとして所属しています。

私もシナリオライターとして、更にはクリエイティブディレクターとして所属しています。
法人格ではないのですが、『チーム』として動いています。

今回、懇意にしているゲーム会社の方より、新しいイラストレーターさんを紹介して!と言われまして、折角なのでチームとしてイラストレーターさんを募集することになりました。

そういう経緯で、あちこち募集記事を出させて頂いています。

元よりイラストレーターが所属するクリエイティブチームですし、
私もゲーム会社勤務の際には、シナリオ・世界観担当としてイラスト発注する側にいました。

そこでイラストのフィードバックなどのディレクションをしていた経験があります。
私はライターで絵は描けないのですが、プロダクト(商業化)としてのプロデュースは得意だと思っています。

完全に新規で募集するというのは初めての試みなのですが、いい方と巡り会えればなという思いです。

即戦力の方は、すぐに企業の担当にご紹介したいと思います。
即戦力になれなかったとしても、「マネジメントをされたい!」という方がいましたらぜひご連絡ください。


あまり大きなことを言うと胡散臭いですが、
これまでのノウハウにより、間違いなく成長は出来ると思います。

これはある意味、案件を回したい側と、案件を欲しい側、
双方にメリットがあることだと思うので、協業というスタイルで出来たらなと思っています。

イラスト関連のご連絡先は下記まで。

それではよろしくお願いいたします。

mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo



[PR]
# by limpidelumiere | 2017-04-26 02:02 | works | Trackback | Comments(0)
かつて、ワードプレスドットコムの方でWEBを作ったと報告しました。
だが納得が行かず、しばらくの間サイトにアクセス出来ない状態にしていました。

→「ワードプレスで四苦八苦しながらサイトをつくりました

実はその間に、ウェブサイトの引っ越しと、再びいちからの構築をしていました。

そして、ようやく形になって公開に漕ぎ着けることができました!
WEBデザインが出来る友人の協力を得て、サーバーを契約して本家ワードプレスの方でのデビューです。


a0113326_05381941.jpg

既にドメインを取得していて、『Wordpress.com』のネームサーバーを所得していたので、新たに契約したサーバーにネームサーバーに設定し直してという作業からでした。

その後、ワードプレスの本家となる『Wordpress.org』でWEBをほぼ1から作り直しをしてもらいました。

昔はホームページと言えば、コツコツ作って数週間掛かっていたと思うのですが、今はあっという間です。

かつては10数年前に自分で作った陳腐なウェブサイトがありましたが、
更新する労力がかかりすぎるということで、いつしか消してしまったという悲しい過去があります。

だからちゃんとしたウェブサイトを持つのは久しぶりです。
(Wordpress.comのサイトはなかったことになりました)

いずれはブログの方もサイトhttp://llumiere.net/の方で更新して行ければと思います。

エキサイトブログは非常にクソ仕様で、ブログの内容をエクスポートできないのです。
つまりエキサイトブログは一度投稿すると、実質エキサイトの所有物みたいになるわけですよ。ひどい!
この仕様は変えて欲しいと思うのですが、変える気はないみたいですね。

とりあえず、新しく出来たウェブサイトの方をよろしくお願いします。

mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo



[PR]
# by limpidelumiere | 2017-04-24 05:42 | diary | Trackback | Comments(0)
お喋り好きな人、っていますよね。

よく喋る人だからコミュニケーション能力が高いかというと、そういうわけではないと思います。
口が上手いからと言って、必ずしも『良質なコミュニケーション』が取れるわけではないのです。

a0113326_02265220.jpg

話す言葉は多いけれど、よくよく聞くと相手の言葉を反芻しつつ、言い換えたり、置き換えているだけだったり。
そう言う人と話すと、いざ振り返ると「決定したことが少ない」というデメリットもあります。

話した事でコミュニケーションを取った気になって、満足してしまう人が多いようです。
そう言う人に限って、上手くコミュニケーションを取ったのだから、万事上手く行くと思いがちです。

ミーティングの時にも、それは現れていて『自分は色々話しているのに周りの反応が薄い。だから周りが悪い!』となるのです。

でも客観的に見ると、たくさん喋っている分、要点がぼやけて何が言いたいのか分からなくなっている、ということも。

もし思い当たる節がある人は、一度考えて見て欲しいなと思います。
「自分はやっているはずなのに相手に伝わっていない」という経験がある方は要注意かも知れません。

a0113326_02280155.jpg

これがクリエイティブのミーティングだとなおさら大変なんですよ。

色んなモノを決めていかなければいけないのに、議事進行役がふんわりした物言いを続けていると。
何も決まらずに時間だけ浪費してしまいます。

3時間も会議していたのに、「問題提起→どうしようね」の繰り返しだったりします。
もちろん上手に「決め」を作ってくれる方もいますが、すぐに違う話に飛び火する場合が多いですね。

逆に私は、そういうコミュニケーションの擦れ違いが少ないタイプだと思います。
分析型のコミュニケーションというべきか、とにかく状況を振り返りつつ、必要ならば口を挟むタイプです。
だから会話の進行は苦手ですが、会話の軌道修正は得意なんです。

だから話していると、この人はコミュニケーションが強いのではなくお喋りが好きなだけなんだな、とも見えてきたりします。

しかし、そういうタイプなのでたまに誤解されたりしますね。

あまり喋っていないからコミュニケーションを取れないのではないか? と。
毎日のように世間話をすることも、まあ相手を知るという点では捨てがたいですが、それが全てではないと思っています。

結論、意思疎通がきちんと達せられているかが鍵です。
相手をよく見れば、発言の意図や思惑も見えてきますし、行間を見ることも重要です。

ただお喋り好きの勘違いさんを修正するのは、なかなか大変です。
一般的に言うコミュニケーションと、ビジネスで言うコミュニケーションを混合している場合が多いです。

できれば、自分で気付いて欲しいのですが、なかなか難しいようですね。
もしそう言う方がいたら、分析型のタイプが上手く軌道修正してあげるといいと思います。

そんなことを思った日でした。



ココナラにて、お悩みご相談を受け付けています。クリエイターさんの方はぜひ。


mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo



[PR]
# by limpidelumiere | 2017-04-11 02:35 | word | Trackback | Comments(0)

ScenarioWriter mizuki ryo Blog


by limpidelumiere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31