psychic photograph

今日、妹から突然のメール。

こんなこと滅多にないので何事かと内容を見ると、
「変な写真撮れちゃった、やばいかな?」と画像が送られてきた。

いわゆる心霊写真だった。

ちなみに私は、心霊や怪談が大の好物で、
暇さえあればそういう動画を見たり、ホラー映画を物色している。
とはいえ特殊な能力はなく、心霊肯定派ではなく、どちらかと言えば懐疑派だ。

「いればいいと思うが、殆どが嘘なんだろう…」という考えだ。
と同時に「人には見えないものや怪奇はきっと存在しているんだ!」とも考えたりする。

んでその心霊写真だが――。
映っているのは妹と友人数名の写真。
妹の身体の一部が欠損(消えている)している写真だった。

この手の写真が撮れると、
先祖霊・背後霊(もしくは守護霊)が警告をしているというと言われている。
ソースは知らないが、多くの「霊能力者」がそう言っているみたいだ。

その反面、撮影時のブレなど、目の錯覚で
身体の部位が欠損しているように見えることは非常に多い。
私はカメラも趣味なので、この辺りはよく分かるし、
実際にブレて身体の一部が透けてみることもあった。
単なる撮影のミスのケースだ。

だが妹の場合、手の指が一部だけ欠損している。
ブレが生じているなら、手自体がブレている様子があってもおかしくない。
手を動かすということは、腕も絶対動くはずだ。
だが綺麗に指だけが消失していた。
なんとも不思議な写真だった。

だがおかしな点もある。
全体的に微かにぼやけているし、どうにも映りが悪いのだ。
シャッタースピードが遅めになっているんだ。
そして何だか明るさも足りていない感じがする。

更に妹に詳しく話を聞いてみると、
使い捨てカメラで撮影したものだったらしい。
それで納得。

最近のカメラは安価で高性能とは言え、
使い捨てカメラは再利用出来るように、レンズを含めて殆どプラスチック製で作られている。
衝撃ですぐ壊れてしまうし、隙間から光も入りやすい。
もちろん手ぶれ防止機能もついていないので、素人ではブレブレになってしまう。

しかし、いくらブレや撮影環境の悪さが加わったとしても、
身体の中で指だけが消失するのは珍しいことだ。

大抵こういう場合、連動して動く部位も一緒に消えてしまう。

不思議な写真だなあ…と思いつつも、
「ブレの可能性が大だが、一応手には注意を」としか言えなかった。

しかしこういうのが出てくると夏だなあと思いますね。
霊は季節に関係なく、近くにいるはずなんですけどね。

画像を載せた方が分かりやすかったんですが、
さすがに妹とその友人の写真なので、プライバシーの観点から断念しました。

心霊系ゲームのシナリオでしたら、大歓迎です!
かなりこだわりを持って書きますので。



http://flavors.me/mizuki_ryo

お問い合わせはこちらから

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
トラックバックURL : http://llmizuki.exblog.jp/tb/13080881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by limpidelumiere | 2011-07-15 03:08 | diary | Trackback | Comments(0)

ScenarioWriter mizuki ryo Blog


by limpidelumiere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31