仕事で成功するために、忘れずに置いた方がいい5つのこと!


こういう記事は、意識高い系の情報サイトでは腐るほど配信されていると思います。

でもそういうものって、当たり前だけど精神論だったり。
なかなか実行できないことが書いてある場合もあって、あまり参考にならないんだよね。

だから今回は、自身のフリーランス人生を振り返って感じたことも加味して大幅にアレンジ。フリーランス・シナリオライター版ということで。
私が実際に、仕事をするときに「これは忘れちゃいけないな」と思っていることです。

a0113326_00362234.jpg

今回は、他に私が運営しているビジネス系ブログからの引用・アレンジになります。

※まあエキサイトブログは記事をエクスポートできないブログシステムなので、自然とこういう扱いになりますよ。ね、エキサイトさん。



1.明日死ぬと思ったら妥協はできない


「明日死ぬ」というのは、かなり極端な考え方です。
でもこれ似たようなことを考えれば、「こんなもんでいいか?」という妥協の心をはねのけられます。

死ぬというのが実感がなければ「もし明日風邪でぶっ倒れたら」でもいいです。
今やっていること、今できる範囲最大限にやるべきだと思います。


2.不健康な状況は極力避ける


調子がいいときは、完全に頭から抜けてしまうのですが、体調が悪いと本当に仕事の進みが悪くなる。
だから調子がいいときにでも、うっかり不健康な状況に陥らないように注意しておく必要があります。


a0113326_00380400.jpg

ギリギリの綱渡りをする癖がついてしまうと、身体に無理がたたります。
無理に無理を重ねて、その先に待っているのは生活習慣病だったり、厄介な病気である場合も。
病気になってからでは遅いので、確実に避けましょう。


3.共に戦える人物を傍に置いておく


仕事のパートナーでも、同業の友人でも構いませんが、仲間がいると心強いです。
調子が出来ない時や、何かの壁に当たった時に、相談だったり愚痴をこぼせる相手がいるのはいいことです。

もちろんそれが妻だったりするといいのですが、特殊な仕事をしている場合分かりづらい場合もあるので。
そこはあなたのことをよく知っている相手がいいと思います。
欲を言えば自分よりも目上の人物、尊敬する人物だと尚いいです。



4.想像や願望ではなく、計画として落としこむ


いいことを閃いたが、大変そうだから後回しにしよう、という考え方ではチャンスは逃げていきます。
「こうなったらいいなあ」ということでも、それを実現するために実際に計画を立てることが重要。

そのことについて深く考えてみた、ということが大事だと思います。
考えているだけ、思っているだけはゼロと同じなので、そこで止まるのはよくないです。
そういう癖がついてしまうと、頭では考えてたけど実際出来ていない、という人になってしまいます。


5.完璧さではなく、最善だったか考える


完璧を求めるのはいいことです。プロ意識とも言えますし、格好いいです。
しかし、どう頑張っても完璧に出来ない状況では、極度のストレスが掛かることを覚えておくべきです。

そして、そういうことに限って後を引きます。後を引くと次の仕事にも影響が出来ることも。
完璧に出来なかった、という負の感情が亡霊のように付きまとうこともあります。

「あの時、あの瞬間には、最善を尽くせた」ということが大事です。
1で述べた「妥協しない」とあわせて使うべきです。


a0113326_00393877.jpg


完璧かどうかなんて戦いは、意外と周囲には伝わらないものです。
クリエイティブの場合は特にそうです。



たぶん、この5つのことを守れば大抵のことは乗り越えられます。
どちらかといえば前向きに突っ込んでいく意欲的な5つの提案です。

これまで知り合った人の中では、常に120%で挑めば成果は付いてくる、と言っていた方もいました。
でもそれはストイックすぎます。メンタルが強い人ならいいですが、常人にはなかなか難しいですよね。

これくらいだったら、どんな人でもやれそうだと思うので、印刷してデスクに貼っておくのもいいです。
忘れちゃ行けないことは、そうやっていつも目につく場所に置いています。

そういえば、記事の流用はグーグル先生から怒られて評価を下げるんだっけ?
でも、多少は変えているので、多めに見てくれると嬉しいな。

別にこのブログは上位を目指しているわけじゃないからいいんだけど。


mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo





[PR]
トラックバックURL : http://llmizuki.exblog.jp/tb/23765810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by limpidelumiere | 2017-04-03 00:49 | word | Trackback | Comments(0)

ScenarioWriter mizuki ryo Blog


by limpidelumiere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31