2017年 01月 03日 ( 1 )

あけましておめでとうございます。
なんとか2017年を迎えましたが、正直今年を迎えられないんじゃないかと思うほどに、昨年は人生の荒波に揉まれた年でした。

a0113326_02352581.jpg

2016年はどういう訳か転職を2度し、そして現在は再びフリーという立場に戻りました。
フリーに戻りたいという展望はありましたが、具体的にいつ戻るかは決めていませんでした。

「なるようになる」と言えば幾らか格好は付くが、実際は為す術もなくそうなっていたと言う感じでした。

その時々で弛んでいるつもりはなかったが、やはり振り返って見ても厳しいことが矢継ぎ早に起こっていたと思います。

だが落ちたら落ちたで助けてくれる人もいて、ギリギリながら何とかやってこられた。
それについては感謝するしかないといった心境です。

(年も後半に差し掛かった頃に、何となく占いを見ると「転職=大凶」と書いてありました。占いって当たるんですねえ…)

思い通りにならなかった理由のひとつに、病気にあります。
別に死ぬ病気ではないです。大病を患ったわけではない。

しかし、2ヶ月に1度体調不良によって動けなくなったり、ほぼ毎月何かしらの理由で通院をしていました。
通院の領収書の束は、相当な厚さになっています。

長らく続く指の関節炎で、レントゲンと血液検査をしたり。
気管支炎になって咳が止まらず、肋骨に痛みが走り、胸囲のMRIを撮ったり。

2016年の初頭には、昔から煩っている睡眠障害に関するもので、1泊検査入院をしました。
よく考えたら、このスタートからして2016年に傾く暗示だったのかも知れません。

フリーランスで修羅場に追い込まれがちなシナリオライターというのは、
寝たいときに寝られず、休めるときにしっかり休めないといずれ体調を崩すものです。

だけど、この不摂生が徐々に自律神経を蝕んでいき、眠れないということもよくある話で。
クリエイター職が突然具合悪くなって休むパターンには、こういうケースが多いんです。

クリエイターの基本鉄則には「病んではいけない」というのがあります。
病んでしまったら、みんなが楽しむために手にするエンターテイメント作品なんて作れませんからね。

まあこれらのお陰で、周囲からはかなり病弱な奴というイメージが付いてしまったのではと思う。
昔からひ弱な部分もあるが、根気だけはあると思っているので取り返したいものです。

最近は歯医者に通っています。
もう連続で6回ほど通院したかな…虫歯の治療や親知らずを抜いたりと、不具合のある所を全て治してもらっている最中。

具合も徐々によくなってきているので、2017年は昨年停滞して藻掻いた分、しっかりと働きたいと思っている。というか祈っています。

年末もギリギリまで仕事を頂いていたし、2017年も決まっている仕事が幾つか。
ひとつひとつ、乗り越えられたなあと安堵しています。

一応これでもシナリオライター歴は12年?
中堅に入っているはずだと思っているのですが、そんな風格も威厳も全くないし、生活はいつも大変です。
多分15年目になったとしても、こういう感じなんでしょうね。
私たちがやっていることは実にシンプルで、書かせて貰える仕事がなかったらそこで終わりですから。

発注側も、毎回同じ様な企画が通る訳ではありませんから、会社員のようにジッと長く続くものではありません。
とは言え、そういう生活も好きだから結局続けているんだと、今では思います。

2017年も生きていこう。


[PR]
by limpidelumiere | 2017-01-03 02:39 | diary | Trackback | Comments(0)

ScenarioWriter mizuki ryo Blog


by limpidelumiere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31