<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

visualization

シナリオの仕事をしていると、稀にだが……いや場合によっては、と言った方がいいか。
シナリオデータの視角化を求められることがある。

厳密にそれを言葉として求められるのではなく、シナリオ――つまり文字の羅列を見てもピンと来ていない人が多い。
シナリオは脚本だし、脚本はつまるところ文学だし、それを見る当人の経験値が大きく関係している。

特にプロット。
これに関しては、システムエンジニア、プログラマー、もしくはCGクリエイターには、そのまま見せることはしない方がいい。

余程ゲームに精通していて、「このシナリオのどこがいい」と言えるような方なら問題ないだろうが――
他業種にこのような方はあまりいない。

これはもう10年前からある認識なんだが、
「文章くらい誰でも書ける」「誰だって読んで面白いか否かは分かる」と。
そう思っているクリエイターの方もまだまだ多い。

(あなたたちの勉強不足って言い切っちゃえば終わりだが、言っても意味がないので我慢する)

そりゃあ文章は書けるかも知れないが、それがきちんとお話になっているかは、まったく別問題である。
文学(小説)に通ずる技術が大前提で、それに作劇法と脚本術を、それぞれ絵と音に合わせてプレイさせる形にしたのがゲームシナリオなので、
ちょっとゲームを沢山知っているからと言って、簡単に到達出来る領域ではない。

で、なければ、我々はこの仕事で食っていけてないわけです。



私は、こういう厄介な問題に直面したとき、いつも頭に中にある言葉がある。
それは『安易にアーティストを気取っていけない』です。

ビジネスをする。つまり求められているものを、求められている以上の出来で提供すること。
不満という塵が積もって富士山級になったとしても、ビジネスをしなければいけない。

正しく理解されていないんだと気付けば、すぐに分かりやすい形に成形し直し、再アプローチを掛けるしかない。
もっともこれには、自分の決めた構成・シナリオに自信がないと出来ない。
しかし仕事としてやっているんだから「決め」に掛からないといけないわけで、時間のロスは開発全体に影響を及ぼす。

時としてこういう面倒な作業も生まれてしまうが、
それは「高度な技術の要することをしているのだ」という自覚があれば、カヴァーしたくなるはずだ。

地道に頑張っていこう――。

mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo


[PR]
by limpidelumiere | 2014-05-25 18:16 | word | Trackback | Comments(0)

Question Suicide

久しぶりに更新して、こんな事を書くのもおかしいとは思うが――
警察では自殺者統計を取って、それをネットで公開しているとご存じだろうか。

『生活安全の確保に関する統計等』の中にあるもので、今月ならば『平成26年の月別自殺者数について(4月末の速報値)』だ。
PDFファイルで落とせる。

ちなみに今年の4月に自殺した人数は、2198人である。

2198人……!

その中で、東京都在住の方の中では、220人が自殺で命を落としている。

恐ろしいことだが、1日で7人が自殺している。
日本中で考えるならば1日70人だ。

学校のクラスで言うと2クラス以上の人数が、自殺している。驚異的な数字だ。
人口3億余りのアメリカの2倍と言うだけはある。
この数字の進み具合だと、今年も例年通り、年間3万人の大台に届くだろう。

生と死というテーマは作家(ライター)になろうとした瞬間から、ある意味大きな壁であり、大きな障害である。
理解出来ないものを理解しようという様は、一種の哲学みたいなもの。

生と死を考えると、それは連日のようにニュースになっていて、
いつしか日常の一部のようになっている『自殺』と言う現象にも、興味を抱かずにはいられない。

日本は死を『散華』と、華が散る様と表現してしまうくらいだから、あまりに独特の文化を歩んできた。
平安時代から自殺はあった。もっというと、神話の中で既に自殺があった。
まるで死に魅了された国だ。

でも本当はみんな、死にたくない。
死というファンタジーに魅了されやすい人が多いのだ。

生きることはもちろん大変で辛い。死にたい。
でも、そもそも概念的に生きることは辛いことであるわけで、何当たり前のことを言っているんだろうと。

辛いこと受動的で、幸福は能動的でないと手にできない。

ここで思うのは、どんなことでもとりあえず自身を動かすことだ。
止まっていれば死が忍び寄ってくる。肉体的にも精神的にでも。
人間という動物は、静であることが死に近づく第一歩なのだ。

この静(せい)が生(せい)と同じ発音なのも面白い。
生と死ではなく、そもそも『生が死』とも言える。

そして動物。動く物と書いて動物。動いていないとダメなのだ。
妙に符合している。


しかし自殺とは何なのだろう。
……謎だ。
[PR]
by limpidelumiere | 2014-05-18 02:32 | diary | Trackback | Comments(0)

ScenarioWriter mizuki ryo Blog


by limpidelumiere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31