雑記的なもの1『作家性』

ここ10年、ネットやSNSが発達したお陰で、作品の作家性を論じたり、中の人の方まで注目されるようになった。
そこに興味が向くこと自体はいいことだ。

ベストセラー作家以外の大多数は日陰の仕事なので、
自身の仕事にスポットが当たったり、関わった作品について第三者から論じられるのは、悪い気持ちはしないだろう。
何故なら見てくれている、認知してくれているということになるからだ。

で、ふと作家性って何なんだろうね、と思った。

認識が広まれば広まるほど作家性という言葉が一人歩きし、そんな作家性が感じられないものにも作家性と言われたりして。

まず、小説ならまだしも、ゲームはあまり作家性が出ない媒体です。
作家性があるとしたら、プロデューサーやディレクターの作家性であって、シナリオライターの作家性が出ることは稀です。

『シナリオは全てお任せします!』と、言われたのならば作家性が出るかも知れないが、出せるだけの作家性(個性的な特徴や思想)がなければ当然出せません。

これがこの人の作家性だ、と言われるシナリオライターって希有な存在で、5年に1人くらいしか出ないと思う。
もしくは10年に1人でもおかしくない。

そもそも論ではあるが、大体がそのような機会に恵まれずに消えてゆく。

それを踏まえて、作家から見た作家性と、一般人から見た作家性にだいぶ差があると感じる。
悪く言うと、変なことしてたら作家性と言われたり、技術上の欠陥があってもそれが作家性になったりだ。

また、狙って施策したことは作家性とは別物だと考えられる。
狙ってやったということは、そのタイトルによって変化が生じるからだ。それは作家性ではなく技術力だ。

周囲が思っているほど、作家性がある作家はいないという事実。
作家性=個性と考えれば分かりやすくなる。

私も作家性があるシナリオライターだと言われたいなあと思うが、まあなかなかに難しいし、それが売りではない気がしている。
ましてこれは自分で言うことではなく、他者からの評価ですからね。

ちなみにゲームシナリオライターとしては作家性よりも、概ね社会性や協調性が求められます。
わたくし、そんなに社会性がないのが個性です…なんて。

a0113326_01124622.jpg


雑記的なもの2『作家の人格』

上記のテーマと関連しているが、作家(ライター)自体はアイドルでも何でもないので、ただの人です。
(テレビや雑誌で特集されるクラスは別として)そこに注目しても、正直あんまりいいことはないと思います。

その大半が、まあー、普通のオッサンがシナリオを書いてるわけです。

なかなかに過酷な労働状況なので、運動不足でデブだったり、逆にストレスから食が細くなってガリだったりします。

これはバカにしているわけではなく、私自身もシナリオライターなのである意味で実体験です。
長年続けていると健康、もっと言えば体調不良と戦いながら書いている人も多いと思います。

社内勤務しているシナリオライターは、クリエイター職ではあるが一介のサラリーマンです。
稼げすぎて困るからフリーランスになって会社持つ、ってシナリオライターはほぼ聞いたことがありません。
シナリオは外注というイメージが強く、フリーランスにならざるを得ない方も多くいます。

そんな具合なので、作家の人格については大前提として「高尚なもの」だと思わない方がいいわけです。

はじめから、『こんな作品を書くんだから、すごい人なんだ!』というのは勘違いです。
そのギャップが生じてか、ネットで炎上してしまっている様子をたまに見かけると、大変だなあと他人事に思います。
(その場合、作家側が発端になっている場合も多いので複雑ですが…)

よく聞く(?)言葉ですが「人格者でなければいい作品は作れない」というのがあります。
でもこれ、誰が言ったんですかね?

他者とは違う角度で、他者とは違う表現をし、他者とは違う作品を作る。
だからこそ求められるものがある。だからこそ作家をやれている。

そして人格者であれ? と、私はここが繋がるようには思えません。

作家さんも1、2年で文学賞を取ってデビューする人もいれば、10年以上掛かってデビューする人もいます。
それこそ日常生活の軸が、物を書くこと中心になっているので、華やかな生活を営んでいる方も多くはいません。
しかもヒット作品を生むまで、金銭的余裕はありません。

増版が掛からず、2巻、3巻で打ち切りになる作家の数も非常に多く、多大なストレスとプレッシャー下にあります。
精神も身体もボロ雑巾状態になって執筆しているわけです。

これで分かるかと思いますが、世の中にいる多くの物書きが、
もしかしたら普通に働いて生計を立てている多くの人よりも、どうしようもないギャンブルみたいな生活を送っているバカである可能性が高いです。
私もシナリオだけで食べていけるようになるまで、様々な工夫と知恵が必要であり、数年という時間が掛かりました。

決して、別次元の凄い優秀な人間ではないのです。
才能以前に、何年も何年も文章を書く練習をしていたら、そりゃあ文章が巧くなるのは当然ですから。
ならなかったのなら、向いていません。

これら全てに同時に反証するならば、『物書きならば、自らが綴った文字に最後まで責任を持て』と言う具合になりますね。
その通りだと思います。いい仕事はしても、プロフェッショナルとしての心構えまで中々学べませんからね。
気を付けるしかないですね。



これ、実はずっと気になっていたことでしたので、思い切って書いてみました。

この記事で何かを問題提起をしているわけではなく、ただ思っていたことを吐露しただけに過ぎません。
そこは、よしなにお取りはからいを。





mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo






[PR]
# by limpidelumiere | 2016-08-16 01:34 | diary | Trackback | Comments(2)
風邪の後、気管支炎になりまして…かれこれ2週間も咳が止まらない私です。
なんとか咳止めを飲んで生きております。



ただいま在宅でのお仕事を募集しております。

ゲームシナリオを中心に、スマホアプリのシナリオ、テキスト、キャラクター設定なども経験がございます。

専業シナリオライターとして11年を迎えます。
ガラケーアプリ時代からシナリオに携わっており、様々なご要望にお応えできると思います。

殆ど苦手なジャンルはございませんが、
IPタイトルの執筆については、一度ご相談頂けると幸いです。

またシナリオ執筆以外でも、企画や設定作りでの実績も多数ありますので、
お困りの事があればご相談くださいませ。

ヘルプ案件、リライト(校正)など特殊な状況下での案件も経験しております。
シナリオ構成だけの担当もしたことがあります。必要な部分を必要なだけ対応が可能です。

ギャランティの支払いスパンが短い案件は、
特に最優先で当たらせて頂きます。


プロフィール・作品暦はこちらをご覧下さい。
http://llmizuki.exblog.jp/16336327/

直近での大きな案件としましては、
スマホアプリ【JOKER ~ギャングロード~】の世界観/シナリオ/キャラ設定/マンガ原案を、2年ほど携わらせて頂きました。
(※現在は退社しております)
(夜見とソウクの濃い設定や、ニャンダーマンファミリーを楽しんで頂けた方が多く、嬉しい限りです)




またこれまでの活動を経て、
第一線で活躍しているイラストレイターのご紹介もしております。
キャラクターデザイン、カードイラストなどの対応可能ですので、
もし興味がありましたらお問い合わせくださいませ。

それでは、よろしくお願いいたします。

Mail:mizuki.skyfrontier@gmail.com
※以前間違ったメールアドレスを記載していました。申し訳ありません。
Mailをしたのに返信が無い場合は、大変お手数ですがもう一度お送りください。






mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo








[PR]
# by limpidelumiere | 2016-08-06 01:31 | works | Trackback | Comments(0)

Ludovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ)という作曲家がいるのをご存じかな。
まるで惑星と共鳴するような、はたまた流星の囀りのごとき、繊細で美しい音色を奏でるピアニストだ。

初めて彼のピアノ曲を聴いたとき、頭の中で映像が流れる気がした。
そして、優しい何かがふわっと湧き上がってくるのを感じた。

a0113326_00342902.jpg
西欧では有名な作曲家だが、ほんと最近になるまで日本ではCDすらも発売されていなかった。

クラシック系の日本進出は遅れていると言わざる終えない。
売れないと判断されるからだろうか?
売れないのは、きちんとプロモーションをしないからなのに。
一応ゲーム業界に身を置いているからプロモーション云々も知っているし、売るための戦略は幾らでもあると思っている。

愚痴みたくなるので細かくは割愛するけど。





  • ルドヴィコさんの経歴

彼は1955年11月23日にイタリア・トリノで生まれた。
ミラノ音楽院、音楽院大学院に進みクラシックの勉強に励んだ。

ミラノ音楽院はイタリアでは最高水準、ヨーロッパでも名門と呼ばれる音楽学校です。
別名「ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院」とも言われます。

大学院では、電子音楽の先駆者であり、前衛音楽の旗手である、ルチアーノ・ベリオに師事。
クラシックを基盤に、ロックやフォークの要素、現代音楽やミニマルミュージックを掛け合わせて曲が作られている。
CDに収録されている曲からすると、ジャンル的には、ニューエイジ、イージーリスニングだと思います。

ヨーロッパ圏では、テレビやCMなどに彼の音楽がよく使われており、耳にする機会も多いのだと言う。
日本では、正直どこかで聞いたっていう記憶がない。

2011年に公開されたフランスの映画、『最強のふたり』のエンディング曲がルドヴィコ作曲のものだった。
それが『Una mattina』と言う曲。
この映画が、1つの切っ掛けになっているのかも知れない。
日本でCDが発売されたのも2011年だったので、これは偶然ではない気がします。

そんな彼は現在は、イタリア政府の音楽大使を務めているらしいです。(そんな大使あるんだ…)





  • ルドヴィコ・エッセンス

そんな中、2011年10月5日にユニバーサルミュージックからCDが発売された。
一部の人にとっては待ち望んだ瞬間ではあったが、さすが日本。余計なことをしやがった。
本来のある曲名タイトルの代わりに、日本語タイトルをつけやがったのだ。

--------------------------------------
『エッセンシャル・エイナウディ』

1.彩りの日々 I giorni
2.もうひとつの世界 Fuori dal mondo
3.波 Le onde
--------------------------------------

こんな感じに。
これはもうね、全くもって頂けませんな。

これは万国共通の認識だと思うが、『BlueSky』と名付けたものが『青空』と書かれちゃ全然意味が変わってしまう。
この問題は昔からあることかも知れないが、輸入CDの翻訳には十分気をつけて貰いたいと思う。

特にオススメなのが『nuvole bianche』(ヌーヴォレ ビアンケ)です。
めっちゃ安らぐ…!




他にも『Le Onde』もいいですね。




やはり海外ではインスツルメンタルが一定の人気を誇っている用に思える。

ルドヴィコの公式Webサイトもあります。
もちろん英語とイタリア語で書かれていますけどね。
http://www.ludovicoeinaudi.com

上記でお伝えしたようにCDの発売は1、2枚ですが、天下のituneでは大量にありました。
Essential Einaudiの方に『nuvole bianche』も収録されています。
下のElementsは最新のアルバム。

ituneが入っていれば、視聴ができるものもあるのでぜひ聴いてみてください。
こういう曲と出会えると、今まで出なかったイメージが沸いてくる感じがする。(気持ち的に)

他にも色々とビビッとくるのあるけど…。
今回はルドヴィコさんということで。





mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo






[PR]
# by limpidelumiere | 2016-08-02 01:00 | diary | Trackback | Comments(0)

夏空

a0113326_12322470.jpg
この前撮った夏の夕暮れ。
こういう空を見ると、本当に夏が来ているんだなと実感する。









mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo






[PR]
# by limpidelumiere | 2016-07-24 12:34 | diary | Trackback | Comments(0)

BOHEM CIGAR MINI SUPERSLIM No.5

近所にあるファミマは、何故かタバコの販売にとても力を入れている。
タバコの販売コーナーがやたらと広いし、手巻きタバコの道具まで売っている。

コンビニ事情はよく分からないが、オーナーの希望でこういうカラーを出すことが可能なのだろうか?
で、そこ見つけたのがこのタバコ。

a0113326_02482375.jpg

BOHEM CIGAR MINI SUPERSLIM No.5
ボヘームシガーミニ スーパースリム No.5とな。

名前が長い。どこで区切ればいいかも、いまいち分からない。
まるでワインや香水のような名前だが、ボヘームシガー。お馴染みKT&G社なので韓国産のタバコだ。
分類的には葉巻。リトルシガーと言う種類だ。

相変わらずボヘームは箱のデザインが秀逸だ。
秀逸っていうか、ヨーロピアン。無駄にゴージャス。いつも通り。

a0113326_02484440.jpg

中身の方は、めっちゃスリム。
すごくいい香りはしているが、正直吸いごたえはあまりない。
スリムな分もあってか、軽いですねえ。
私は普段6mgから3mgを吸っているが、それでも軽いと感じるのだから、なかなかの軽さだと思う。

葉巻特有の甘い香り。微かに、ね。
細い分もあって、吸う時間も余りかからない。

色んな意味でリトルシガーっぽさは薄いので、リトルシガーデビューにはいいかも知れない。
あと、デザイン的に人目を引くので「ひと味違うぜ?」を出したいときは最適だ。

以前吸ったことがあるが、ボヘームシガーモヒートの方が味は好きだ。
モヒートと言いつつも、爽やかなライムミントの香りがするのはよかったかも。
最近流行のバカみたいにきついメンソールが苦手なのでね。

私としてはケントテイスト+6mgが販売中止になったことが誠に遺憾だ。
発売継続してくれ!
どういうワケかボヘームシガーを3種類も紹介しているが、別にKT&Gの回し者ではない。
普段はケントテイスト+がお気に入りだ。



mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo








[PR]
# by limpidelumiere | 2016-07-17 02:58 | diary | Trackback | Comments(0)

ScenarioWriter mizuki ryo Blog


by limpidelumiere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30