久しぶりに、シナリオライターの価格相場について、情報を更新しようかと思います。
私の、ということではなく今のゲームシナリオライター界隈でのお話です。




  • スマホアプリのシナリオ事情


最近はスマホアプリ全盛期ですので、
アプリシナリオの案件を請けたという方も多いでしょう。

私が感じている傾向としては、
シナリオライターを社内に常駐させておきたいという企業が多くなっています。

もしくは外部の名前の通る方にシナリオをお任せし、
企画とシナリオライターの橋渡し役となる『シナリオディレクター』を社内常駐させる方法です。
先月辺りも、この立場の方を探していると聞きました。

こうなっていく原因の1つに、
シナリオライターをコントロール出来る人材が内部にいない事が挙げられます。

アプリゲームを製作されている方は若い方が多いです。

私見ですが、実際に現場で見ていてもそうですし、『Social Game Info』でもインタビューされる方の殆どは20代後半から30代です。
30代前半でプロデュース職に就ければキャリアは順調って感じ。
なので、20代後半でメインプランナーもしくはディレクターは妥当です。

シナリオライターは、それで食って行っている人はやはり30代40代50代と幅広くいます。

昔は映画脚本を書いていた、小説を書いていた、という方もいますね。
そういうシナリオライターの方々を、社内ですくすく育った会社のカラーに染まったDやPでは対応力に難有りでしょう。
色んな業界も酸いも甘いも知っているライターも多いですからね。

と前置きが長くなりましたが、
スマホアプリのシナリオは単純にKB計算するのが難しいです。




  • アプリシナリオの請求額試算


短いテキストを、何個も書くことが多いからです。

20KBのテキスト1本と、
3KB程度のテキスト1ステージとし、計7ステージ書くとなると、その労力は雲泥の差です。

これがもっと細分化し、
登場人物の挨拶セリフを20個作成するとなると、もう面倒臭すぎて寝たくなります。

私も過去にキャラの挨拶文を、定常から季節まで合わせて90個作成する、
なんて業務も請けたことがあります。実に大変でした。

それはシナリオライターの仕事か?とも思うことがありますが、それに気付いてはいけません。
そんなことを思っていたら、仕事が出来なくなります。



まずはアプリの仕様をしっかりと把握し、
1本・1シーン・1ステージがどれくらいの容量で、
自分ならばどれくらいの時間を費やすのかを計算しましょう。

そうすれば必然的に請負額が出てきます。

ひとつ分かり易く試算してみます。

-----------------------------------------
-----------------------------------------
1ステージ当たり5KBのシナリオを、合計5ステージ書くという発注があるとします。

単純計算で25KBです。
ステージ毎に、テーマやコンセプトやキャラが違うと、時間的コストが掛かります。

なので1ステージあたり6000円として、
ちゃっかり税を入れて6480円くらいにしちゃいましょう。

6480円x5ステージ=32400円
-----------------------------------------
-----------------------------------------

※試算は案件や状況によって変化するので、これをそのまま使う事は出来ません。


この計算ならば、1日もしくは2日で作業を終わらせられれば、
そう悪くない仕事かと思います。

正直、これくらいでしたら今は良心的な価格と言えます。
もっと取る方も一杯います。




  • 損をする計算方法をしない


しかし、どう言うワケか実際はこれよりも安く請ける方が多いです。
損してますよ。



もし上記の計算が、単純に1KB900円で請けたとしたら……
どうなるでしょうか?

テキスト25KBx900円=22500円です。

なお、請求する場合は実際の容量となるので、ぴったり25KBは無理です。
大体が少し容量が減ると思います。
するとギャランティは2万円くらい、かな?

更に源泉徴収税で10.21%引かれますので、ざっくり2000円引かれます。
手元には18000円。
うーん、という感じですね。

この試算は、書く労力だけを考えています。
本来はこの他に、企画と仕様の把握、設定の読み込みなどにも時間がかかります。
もし事前に1度打ち合わせをしましょう、となった場合には、交通費もかかってきますね。

そういうコストにより作業に3日費やしてしまうと、日給6000円くらいです。
これはかなり生活が苦しくなるのでは。




  • まとめ


何が言いたいのかというと、安易にKB計算したら、対価はびっくりするくらい低くなります。
マジで稼げないので注意が必要です。

会社によっては依頼の時点で、計算方法が決まっていることがあります。
ですが見積もりを求められた場合は、上記を参考にしてみるといいかも知れません。

もしこの試算でも『取り過ぎだ!』と思う方がいるとすれば、
『安い金額を提示され、それが普通だと教え込まれた』のではないかと心配になります。

上にも書きましたが、これは良心的な計算方法だと思います。
別業界の出身の方は、原稿用紙何枚でン万円だという提示の仕方をする方もいます。

あと余計な事かも知れませんが、安くても形になってればいいからという案件は、
その殆どが請負主のスキルを著しく落とすことになります。そういう案件にストーリーテリングの技術も何もありませからね。

また依頼主さんにも同じことが癒えます。
私は過去に、誰かが800円で書いたシナリオを、1200円でリライトしたこともあります。
つまり、そういうことになります。

プロとして何年もやられているシナリオライターとしては当然だ、って部分かも知れませんが、
こういう試算も何かの参考になれば幸いです。



mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo





[PR]
# by limpidelumiere | 2016-07-01 21:34 | works | Trackback | Comments(0)
2016年になりました。

2009年頃にエキサイトでブログを始めたので7年目になります。
振り返ると、歴史を感じます。

2014年から社内常駐のシナリオライターをしており、脱フリーランスしてから2年が経ちます。
と言いましても、フリーランスを辞めたわけではなく、「そろそろ社内常駐したいな」と思い、縁があった感じです。

2年企業に属していて、再びフリーランスに戻りたいなあとも思いますが…
やはりもう暫くどこかに属しておこうと思います。家族と生活のために。

かれこれシナリオライター歴12年になりますか。
請け負う仕事の内容も、その時代に合わせて変化があったなあと思います。
ここ2-3年はもうスマホの仕事がほんとに多い。しかしPCゲームも以前として頑張っております。

今や、どこの会社もアプリアプリです。
そりゃそうでしょう。それなりのタイトルともなれば、売上3ヶ月(1Q)10億ですからね。年40億。
それを20数名で運用するのですから、パッケージものとしては、それを作るのがアホになるくらいお金が稼げます。

暫くこのゲーム性もエンタメ性も殆どない奇妙な「ゲーム」が流行るのでしょうが、
これがいつまで続くのかは常に気になっている所です。
今の会社にも、新卒3年目のプロデューサーがいますが、彼はスマホアプリのことしか知りません。

例えばスマホアプリしか知らず、もし転職することになったら、どうするのでしょう?
アプリの運用は、ざっくばらんに言うと、ユーザーに課金を促すための施策を打つことに、8割以上の脳みそを使っています。
この分野で優秀と言われる人材は、爆発的な課金を促す策を考えた人ということになります。

色眼鏡と言うわけではありませんが、ゲーム業界の一員としてもっとゲームを知って欲しいという気持ちはあります。
ただのシナリオライターである、私が言えることではありませんが。

今の時代ってゲーム業界にとっては、とても奇妙だと思っています。
多くのアプリ会社でそうなっているかは分かりませんが、運用重視、クリエイティブ軽視の傾向があります。
「そういう時代」と言ってしまえばそれまでですが、
まともにお話を作れないライターがテキストを作り、そしてまともにお話を提供出来ないゲームが世に溢れています。

そんなモヤモヤっとした2015年を過ごしてきました。
グループとしては業界最大手の企業なんですけどね。
年収1000万は貰っている取締役に、世界観について力説したらバッサリ「昔のゲームの作り方」と言われたこともありました。
しかし、必要な工程や部分を省いたら、いいゲームが作れるわけがないのです。
流行廃りはありますが、根幹の技術の蓄積はそう簡単に覆ったりしないのです。
そんな信念があります。

10代の子たちがもっとワクワクするような、ストーリーを提供したいなと。
これを今後の1つのテーマにしようと思いました。



それでは、今年もよろしくお願い致します。
今年は新たな活動も念頭に置いています。その準備として昨年の末には、最高の仲間が6人揃いました。
まあこちらは、2016年中に公開出来れば良いなと思っています。

フリーでのお仕事も依然として募集しております。
お気軽にご連絡ください。



mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo





[PR]
# by limpidelumiere | 2016-01-02 04:08 | diary | Trackback | Comments(0)
ついこの前まで、8.6秒バズーカーのことを知らなかった。
普段あまりテレビを観ないもので…。

ネットでググってみると、すぐさま陰謀説が出てきた。
それがあまりにもよく出来ていたので、少し調べてみました。



8.6秒バズーカーのネタは、概ね原爆関連の単語に集約されている(と言われている)わけだ。
その中の1つが、アメリカ軍の戦略爆撃機B-29の機体名に『ちょっと待って』が使われているという話。

これを偶然としては凄い一致だ!という書き込みには疑問がある。

当時、B-29の機体名には、割と日本語名が使われていた。
セクシーなイラストと共に機体名を書くことを、NoseArtと言う。

感覚としては、敢えて英語で『ファックユー!』と書いて弾丸を撃ち込んでやるぜってことなんだろう。
つまり最大級の皮肉なわけだ。

機体番号42-24621『YOKOHAMA YO-YO』(横浜ヨーヨー)
機体番号42-93852『TOKYO ROSE』(東京ローズ)
機体番号44-61815『DAIJOBU』(大丈夫)
機体番号44-62218『SHINPAINI』(心配ない)
機体番号44-62237『TONDEMONAI』(とんでもない)
機体番号44-69812『SUCOSHI NI!』(少しに!)
機体番号44-86400『CHOTTO MATTE』(ちょっと待って)

a0113326_01043046.jpg
a0113326_01044313.jpg


日常的によく使う日本語が含まれている。
ここまで馴染みのある日本語が使われているのだから、あらゆる従来のネタが一致しそうだ。

この時点で言えることは、B-29のNoseArtや機体のニックネームをピックアップしたのは、よほど軍事関係に詳しい人物でないと不可能であったということです。
もし仮に『エノラ・ゲイ』『ボックスカー』を知っていたとしても、これまで生産された3970機のB-29に概ねニックネームが付いていて、更に一部のニックネームに日本語が使われているという情報は、一般知識ではないと思います。

この説を始めに唱えた人物は一体誰なんでしょう?



mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo





[PR]
# by limpidelumiere | 2015-05-11 01:17 | diary | Trackback | Comments(0)

BOHEM CIGAR mojito

韓国産、KT&G社の煙草です。

a0113326_2132292.jpg


以前書いた記事にもあるが、ボヘームシガーのメンソールバージョンといった所か。

BOHEM CIGAR No.6
http://llmizuki.exblog.jp/17791773/

モヒートは、その名の通りカクテルモヒートの微かな香りが楽しめる。
ミントとライムの香り…言われてみれば、そんな気もする。

1mgという軽さもあり、驚くほど微かにだ。
何というか、ノンアルコールのモヒートの気が抜けた味がする。

刺激的なメンソール&フレーバーが流行している中、それに逆行するかのごとく。
鈍感な人ならば、何の香りか分からないレベルだろう。

どう言う層をターゲットにしたのかも分からない。
パッケージデザインは素敵だが、そうは言ってもあまり売っているところは見かけない。

もちろんこのシリーズも、ボヘームシガーの売りであるシガーリーフが20%ほど含まれている。

ボヘームシガーが好きで、モヒートも好きならばお勧めだろ。
…そんなピンポイントの層がどれくらいいるかは分からないが。


mizuki ryo profile:about.me:http://about.me/mizukiryo



[PR]
# by limpidelumiere | 2015-03-05 21:35 | diary | Trackback | Comments(0)

イラストレーター募集

お久しぶりです。
最近めっきりお仕事関係の記事が減りましたが、まだ何とかライターとして食べて行ってます。

自らシナリオを書きながらも、最近は後進の育成やらに気を使う歳になりました。
ま、それはいいんですが。

具体的に今なにをやっているかは言えないのですが、
スマホアプリの業界で、少しばかり名の通ったタイトルの世界観部分を一手に引き受けています。
また、その世界観の一環として、ビジュアル(絵)にもタッチしています。



で、イラストレーターを探しています。

-----------------------------------------
・オリジナルキャラクターを描き上げたことの経験がある方。
  ┗どこがキャラのチャームポイントか意識して描いている方。
・背景込みのイラストを2週間(目安)で描き上げられる方。
・日々コンスタントに作業を進行し、連絡にも気を使える方。
-----------------------------------------

後は、実力次第です。

美大でデッサンの勉強をされた方や、背景美術が得意な方はチャンスです。
可愛い&格好いいも重要ですが、骨子をしっかり描けている方は貴重だと思います。

実力と経験に応じて、単価の上下はあります。
過去の最大単価は、1枚のイラストで50万でした。
(この方は海外の某有名MMORPGのキービジュアルを担当された方です)

流れとしては、
私がポートフォリオを確認させて頂き、発注したいタッチや方向性だと判断したら、
そのイラストをアートディレクターに持ち込み、私の方で簡単にプレゼンします。
アートディレクターの承認が下りれば、進行管理を通して発注となります。

我こそはと言う方は、こちらまでご連絡ください。
その場合はポートフォリオも忘れずに。2~3日以内に必ずレスをします。
mizuki.skyfrontier@gmail.com

※日本人でなくても可です。
 これまでアメリカ、韓国、中国、台湾、フィリピンなどの絵描きさんにもご依頼していました。
[PR]
# by limpidelumiere | 2015-01-17 13:42 | works | Trackback | Comments(0)

ScenarioWriter mizuki ryo Blog


by limpidelumiere
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30